モデルの女子大生スト高を準即 コンサル生Fさん

 

こんにちは。コーンパンです。

今日はスト高についてのお話です。

ナンパ初心者や未経験者で私のコンサルに入ってくると、コンサル1、2ヶ月目で月10getとかになってるのが最近の風潮ですが、コンサル2、3ヶ月目になるとスト高もどんどん抱けるようになってきてます。

 

今日はその中でも、今日はコンサル生のFさんのスト高レポートをあなたにシェアしたいと思います。

ぜひ参考にしてください。

準即の流れ

カフェ → ゲーセン→居酒屋 → クラブ → ホテル

相手の◯◯観の深掘り

◯◯の話を聞き、共感を意識した。

それがきっかけで、彼女の内面の変化があったため、しっぽりムードで聞く。

自分も前まで内向的だったが最近社交的になったこと、価値観や性格を自分で変えていくことを肯定的に思っていることも伝える。

若い時から自分の内面の変化に向き合ってて偉いよとも褒めた。

芸能志望ならではの悩み、期待の吐き出し

「___________________________________」との気持ちを複数回聞き出し、理解力があるところを表した。

___________________________________を伝え、属性は違えど価値観が近い、というところをアピール。

「知らなかった、やっぱり努力してるんですね」と。

彼女自身も仕事のために小説を読む努力をしていたので、真面目で向上心があるねと褒めた。

仕事に対する姿勢の尊敬

自分の仕事の話も聞きたいと言われたので、具体的なエピソードを話しました。

「___________________________________だからFさん自身も辛くならないですか?」

と聞かれたが、

「_________________だし、問題ないかな。たぶん、解決策がない場合は辛くなるんだろうね」

と話し、実際自分が体験している具体例も出すと、納得しているようでした。

初クラブに帯同

「クラブ行ったことない、行ってみたい!」

ということだったので、元々予定になかったが、2人で行くことに。

最近、コンサルで学んだクラブの人海戦術や仕組みを紹介しつつ、酒を飲む。

踊りながらキスまで出来ていた。

こっちにおいでと言うと、喜んで近寄って来る様子だった。

音楽に体を乗せながら、口移しで酒を飲ませたりしました。

当初終電で帰る予定だったが、気付けばクラブに入る前に聞いていた相手の終電時刻も過ぎる。

2時前に「風にあたりに行こう」で退店し、道玄坂へ。

そのままラブホに入り、ベッドイン。

セックス経験がほぼない女の子だったので、唇耳首へのキスを繰り返し、ゆっくり仕上げました。

意識したこと

コーンパンさんの指導どうり、上から目線禁止、マウントトークといじりを一切意識しない、徹底的に褒めることを考えるを常に頭の片隅に置いておきました。

なので友好的な雰囲気のベースがありつつ、◯◯観、◯◯観で尊敬され、クラブ慣れしていることが相手にワンランク上感や男らしさを見せることになりました。

感想

高スト値JDと2人で楽しい時間を過ごしました。

また、可愛い女を連れてクラブに遊びに行くという、一つの憧れを達成できたのも嬉しかったです。

コーンパンからの一言コメント

”上から目線禁止、マウントトークといじりを一切意識しない、徹底的に褒める”

という指導に、一瞬あなたは「?」となったのではないでしょうか。

ナンパ業界では、

・マウントを取ること

・上から目線でSっ気を出すこと

・相手に媚びる印象を与えないようにするため褒めない

・ネグやディス

などが推奨されているからです。

これらは間違いです。正確に言うと、ほとんどの女性に当てはまらないのです。

ナンパの基本は

”自分がされて嬉しいことをする”

です。

あなたは、女性に上から物を言われたりされたら不快ですよね?

逆に、女性から褒められると嬉しく感じると思います。

であれば、女性に対しても同じように接する方が、女性の心を掴むことができます。

 

そして、ある条件が当てはまるようになると、Sっ気や、いじりや、ディスが有効になってきます。

ぜひその条件についても考えてみてください。

今回は以上です。

それでは!

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -