私の東京物語②〜東京進出。ぬるま湯で遊びまくる日々〜

 

 

私の東京物語

1話:私の東京物語①〜抜群の効果を持つ、『リスペクトアプローチ』を開発〜

◆前回までのあらすじ

関西出身。

「スト高と呼ばれる人を抱きたい」

その一心で、大学時代に神戸や大阪を舞台にナンパに没頭していた私。

ある程度の成果は出たものの、モデルやキャバ嬢、CAなどのスト高には、ありのまま戦っても歯が立たないという壁が発生。

その壁を突破したのが、当時開発した”リスペクトアプローチ”という手法。

尊敬させたり深い話をしたり、将来を語ったりすることで食いつきを上げるテクニックです。

 

その武器を手にし、昨年25歳でついに東京に乗り込みます。

今回からついに東京編。

ネトナンに着手するコーンパンw

 

去年の上半期。

ストを極めるために東京に来たものの、まずは修行をする時間がなく、金もありませんでした。

友人と一緒に、ネットの仕事にひたすた毎日朝から夜まで取り組む日々。

コーンパン「全然ストの修行できてない…でも稼がな生きていけんからとりあえず仕事頑張ろう。でも女とも遊びたいな…」

と思っていたところ、友人から

「ほなペアーズやったらええんちゃう?効率ええでw」

とアドバイスをもらいました。

コーンパン「ペアーズ?ネットアプリはやったことないな。スト高とかおるんかな?まあストの時間ないし効率いいならとりあえずやってみよう」

という感じでペアーズに登録w

この世の天国、ユートピア、暴れまくる日々

 

ネットナンパ…

そこは天国でした。

数年間厳しいストというフィールドで努力してきて、いろんな経験や手法をもっている私にはとてもイージーに感じました。

リスペクトアプローチも刺さる刺さる。

週7でアポを組み、居酒屋→ラブホという日々。

それを4週間こなしました。

毎日セックスできましたし、ペアーズにはCAなどそこそこ可愛い子もいました。そういう子しかアポを組みませんでした。

私のいいね数は当時700くらい。

そんな4週間でしたので、居酒屋とラブホ代がかさみ、翌月のカードの請求が60万になって死にかけたりしてました…

不毛な生活に病むコーンパン

仕事の合間に、新宿や渋谷でストをしても簡単に即。

ペアーズでも無双。

しかし結局「理想としてる超絶美女ではないな…そもそも出会えていない。なにしとんやろ俺」

ということでペアーズも1ヶ月で退会。

「ストも、活動場所を含め、全てしっかり戦略を練らないといけない」ということを学びながらだらだら過ごします…

気づけば夏目前。

Ah…

そして、ある人と出会い、東京物語が加速していきます…

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -