ナンパで美女を抱くために必要な、たった1つの性質

 

こんにちは。コーンパンです。

いきなりですが、

ナンパをしていると、無限に疑問や悩みが出てくると思いませんか?

 

「どんな服装を着ていいのか分からない」

「なんて声をかけていいのか分からない」

「番ゲができない」

「グダが発生する」

「ラインが返ってこない」

「アポでどう振る舞っていいか分からない」

「何を話せばいいのだろう」

「ホテル打診するも拒否られる」

「美人になると途端に相手にされなくなる」

・・・

などなど、無限に悩みや疑問が出てきますよね。

そのようなとき、課題をどのように解決すればいいのでしょうか?

 

各フェーズの悩みが出る度に、

・ネットで検索する

・noteや情報商材で知識を導入する

・自分より能力の高い人に質問する

このようなことをして、

「相手にとってSだと思ってもらうことが重要なのか!女の子をディスってみることが答えなんだな」

「すぐにラインを返すとがっついているように思われるから、5時間くらい感覚を開けたらいいんだな」

「ホテル打診するときは、女の子に言い訳を用意すべきなんだな」

というように、断片的な知識を吸収すれば悩みは解決されるのでしょうか。

 

もちろん、そんなことはありえない。

うまくいかないことやグダという事象が発生したからといって、その枝葉の事象のみを解決するアイデアを取り入れたからといって、その事象の奥にある概念を認識していなければ、根本的解決にならない。

根本的解決にならないから、また別の疑問が出てきてしまう。

だから事象と対処療法のいたちごっこを繰り返す。

それをもう、終わりにしましょう。

対処療法ではなく、原因療法をしましょう。

根本的解決を図りましょう。

今日はそれをお伝えします。

この考え方を理解していただければ、今後は枝葉の疑問で悩む回数が減り、能力のアップが加速度的に上昇すると思います。

それでは本文に入ります。

女性が男性に求めているDNAレベルの性質

女性が男性に対して「好き」「付き合いたい」「結婚したい」「抱かれたい」

と思うのは、そのとき関わっている男性に対して、ある要素を見出しているからです。

その要素とは、GOOD GENES、ただこれだけ。

GOOD GENES

聞きなれない方も、もしかするといらっしゃるかもしれません。

この言葉、概念は、恋愛工学の元祖「藤沢数希氏」が提唱しているものです。

藤沢氏が、モテる男に共通する性質であると定義する『GOOD GENES』

直訳すると『良い遺伝子』あるいは『優秀な遺伝子』といったところでしょうか。

人間は高度に発達した文明社会を生きていますが、人類としての長い歴史から比べると、急激に発達した現在の文明社会はほんの短い期間にしか過ぎないのです。

だから人間の本能は過去の動物のままであり、我々現代の人間も、動物が生きる唯一の目的である『種の繁栄』のためだけに生きておるのです。

種の繁栄のためには生殖活動が必要で、そのために男女それぞれ異なる『生存戦略』を持っています。

男性が己の種を繁栄させるために最適な生存戦略はなんでしょうか?

1人の女性とだけセックスすることでしょうか?

違いますよね。

男性は何度も射精することができるのですから、自分の遺伝子を次世代に残すためには、少数の女性とセックスするより、できるだけ多くの女性と性交を行う方が、自分の遺伝子を来世に継承する確率が上がります。だから我々男性は浮気してしまうんですよねw

では女性の最適戦略はどうでしょうか。男性と同じようにたくさんの異性とセックスすることでしょうか?

そうではないですよね。

女性は一回妊娠すると、その後1年くらいは身動きがとれなくなり、子どもを産んでからも子育てで数年間労力がかかります。

つまり、男性と違って、セックスに対するリスクが高いことが特徴です。

だから女性はなかなか体を許してくれず、慎重に男性を選ぶのです。

では自分が女性だったらどのような男性の遺伝子を持った子どもが欲しいでしょうか。

当然、生物学的に言えば、その子どもが淘汰されずにさらに次世代に遺伝子を継承できる資質を持った人間の方がいいですよね。

無能な人間は死ぬ確率が高いですし淘汰される確率が高いですし競争に負ける確率が高いですからね。

現代社会だと理解しにくいですが、太古の世界をイメージすると分かりやすいです。

原始時代に、マッチョな人類と病弱な人類がいたらどっちのほうが生き残る確率が高いですか?

権力を持ったホモサピエンスと、ヒエラルキーの最底辺のホモサピエンスがいたらどっちが生き残りやすいですか?

前者ですよね。この、前者に共通する資質がGOOD GENESです。”有能さ”ということです。

では現代にあてはめてみると、どのような男性がGOOD GENESでしょうか。

筋肉質の男性とひ弱な男性

権力を持った人間と組織の下っ端の人間

金持ちと貧乏人

友達の中心的人物と孤立した人間

モテる男性とモテない男性

どっちの男性の方が、有能な遺伝子でしょうか。

どっちの男性の方が、次世代に遺伝子を残せそうでしょうか。

当然、前者ですよね。

つまり、なぜGOOD GENESを持ち合わせた男性がモテるのかというと、生物学的な種の繁栄という観点から全て説明がついてしまうのです。

余談ですが、イケメンがモテるのもGOOD GENESだからです。

なぜか?

顔が整っている遺伝子を持った男性の遺伝子を引き継いだ子どもは、顔が整っている確率が高く、顔が整っているほうが、整っていない人間より周りに愛される(≒遺伝子が残りやすい)から、無意識にイケメンを好むのです。

 

はい、長々GOOD GENESの説明をしてしまいましたが、この考えを共有していないと本題に進めないのでご容赦くださいw

ではここから本題です。

ナンパとは、GOOD GENESの証明

結局のところ、女性はGOOD GENESの男性に体を許すのですから、女性と関わっているときは(正確には関わっていないときも)、自分はGOOD GENESの要素を持っている人間であることを間接的に証明していく必要性があります。

女性との関わり合いにおいて、女性が自分のことをGOOD GENESであると認識してくれれば体を許してくれますし、GOOD GENESではないと思われれば永遠に肉体関係になることはできません。

ナンパに関するあらゆるグダや悩みという現象の奥にある原因は、「女の子にGOOD GENESではない」とみなされたから、と断定できます。

つまり、あらゆる悩みの解決方法はシンプルで、

『自分の行為はGOOD GENESだったのかどうか?』という判断指標でみればほとんど全て解決してしまいます。

『GOOD GENESの性質を持つ人間ならこの場面でどう振る舞うか?』という視点を持つことさえできれば、あらゆるグダや疑問や質問や悩みに対して、自分自身で適切な解を導き出すことができるようになります。

GOOD GENESではない言動あれこれ

普段から男性に困ってない美人やスト高、キャバ嬢やギャルに対して

「すいません、さきほどそこですれ違って、めっちゃタイプだったので普段はこんなことしないんですけど勇気出して声かけました」

という誠実系ナンパが通用しない理由はもちろん『GOOD GENESではないから』ですね。

有能で優秀でモテる男性だったら、そんな誠実で下手に出る声かけはしないですよね。

女性は無意識に「あ、こいつGOOD GENESちゃうわ」と判断しているのです。

 

 

服装にしても同じですよね。

どっちがGOOD GENESっぽいですか?w

なぜか年齢層高めの画像をチョイスしてしまいましたw

 

たくさんの女性からモテて、多くの女性とのラインのやり取りで忙しいから返信が遅く雑な男性と、ラインする女性が少ないから返信が早く丁寧な男性、どっちがGOOD GENESでしょうか。

 

デート中の会話で仕事の話題になったときに

めっちゃ仕事で成果出してて仕事大好きで前向きに取り組んでいる話をする男性と

安い給料&残業で毎日おもんなく仕事のやる気もない話をする男性

どっちが有能でしょうか、GOOD GENESだと思うでしょうか。

 

会話の要所要所で、ユーモアのある発言をする男性と、一切冗談も言わず、会話することに必死な男性、どちらがGOOD GENESっぽいでしょうか。

などなど、無限に具体例はあります、というか全ての局面でGOOD GENESかどうかは女の子に無意識レベルで問われています。

そして、女性とナンパで出会った瞬間から、セックスするまで(本当はその後も)、1本GOOD GENESでビシッと筋を通さなければなりません。どこかの局面で、1つでもGOOD GENESではない要素が出てしまうと、女の子は敏感に察知し、「もしかしてこいつGOOD GENESじゃないのでは??」と感じ、その違和感を確かめるべく色々テストしてきて見極められ、GOOD GENESではないことが露呈してしまいます。

 

思考回路を整える

「GOOD GENESになれるよう努力する、そう振る舞う、それが全て」だと認識し、

自分の全ての意思決定や一挙手一投足をその思考から導き出せば、急激にモテは加速します。

GOOD GENESならどんな服装を着用しているだろうか

どんな鞄を持っているだろうか

どんな財布を持っているだろうか

どんな髪型だろうか

どんな姿勢だろうか

どんな歩くスピードだろうか

どんな支払い方法だろうか

どんな声かけをするだろうか

どんな場所に連れ出すだろうか

どんな店をアポで指定するだろうか

どんなラインをするだろうか

どんな会話をするだろうか

どんな交友関係だろうか

全て考え、模倣し、fake itし、演じ、努力して本当のGOOD GENESになる

 

そして、何かナンパに関して悩みが出てきたら

「GOOD GENESならどうするだろうか?」と考えれば

自ずと答えは出て課題は解決するのです。

 

今回は以上です。

疑問や質問には必ずお答え致しますのでお気軽にどうぞ。

p.s. GOOD DADについての考え方は別の機会に述べます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -