2017/06/22

六本木の高級キャバ嬢をナンパする時の声かけ①

 

 

ストリートナンパをしている人、あるいはこれからしようと思っている人の多くが悩む課題、

その1つに声かけがあります。

「どんなセリフで声をかけたらいいのかわからない」

「声をかけてもほとんどの確率で無視されてしまう」

「押しの弱い子、気が弱い子とは会話が成立するけど、ギャルや気の強そうな人には必ず無視されてしまう」

「美人に声をかけてもオープンしない」

といった悩みですよね。

もちろん私もご多分に漏れず、ナンパを始めて1年くらいはず〜っとそのことで悩んでいましたw

さすがに何年もナンパを続け、ナンパ講師として活動している今ではその悩みはほとんどなくなり

ましたので、今日は”昔の私”のように、声かけで悩んでいる人に声かけのイメージを掴んでもらお

うと思います。

先日、夜中2時の六本木の路上で、身長約167センチのツンツン系の高級キャバクラ嬢を番ゲした会話で解説します。

 

誠実系の声かけは論外

少し本題から逸れますが、私は誠実系の声かけは推奨しておりません。

誠実系とは、「すいません、今そこで見かけてめっちゃタイプで声かけたんですけど〜」

といったオープナーですね。

なぜ推奨していないか?

たしかに誠実系で話しかければ、会話は成立しやすいですし、その後の発展もしやすいのですが、2つの欠点があります。

まず1つめは

・不特定多数の異性にナンパする人間が、誠実ニュアンスを出すことは矛盾であり、不誠実だから

です。

「一目惚れして」

「めっちゃタイプで」

「普段はこんなことしないんですけど」

というニュアンスで声をかけたら、声をかけられた女の子からしたら、本当に付き合うニュアンスやと認識して接してきますよね。

ほんまにその人とだけ関わるならいいですけど、そうでないのなら詐欺ですし、その言葉を信じてくれた女性を裏切る最低な行為です。

誠実系声かけでは当然、セックスできる確率も上がりますが、相手の感情を裏切っている行為なので人として論外です。

10人の女性に誠実系で声かけするということは、10人の女性と浮気していることと同義です。

たしかに「めっちゃタイプで」と言ってしまうことは簡単で楽で気持ちは分かるんですが、そういった理由で私は誠実系声かけを封印しておりますし、コンサル生にも、使用を禁止しております。

もう1つの欠点は

・誠実系声かけでは、自分の実力(魅力)が上がらずに、美女を抱くことができないから

です。

誠実系の声かけって、自分の魅力や実力と関係のない概念なんですよね。

「そこで見かけてすごくかわいいと思って〜」と思考停止して言ってるだけですから。

で、これって女性に媚びているスタンスなので、自分よりレベルの高い女性からしたら

嬉しくともなんともないわけです。

「めっちゃタイプで〜」と言われても、

「で?」

となるだけです。

だから誠実系声かけに頼っていたら、いつまでたっても自分より実力が下の女性やメンヘラ、押しに弱い女性しか抱くことができないのです。

この2点で誠実系声かけはNGです。

 

六本木の高級キャバクラ嬢をナンパ

では冒頭でも少しご紹介した、先日の声かけをシェアします。

私「お疲れ様です。(会釈)」

女性「・・・」

私「いまからアフター?」

女性「・・・」

私「てかいつもより疲れてへん?」

女性「プッ(笑」

私「表情がいつもより固いというか…今日も飲まされたん?」

女性「なんで前からの知り合いみたいになってるの(笑)てか誰??」

私「誰って・・・ただの紳士やで?」

女性「(爆笑)え、スカウトですよね??今の店最近入ったばっかりやけん、移る気ないと〜」

私「あ〜、中洲のキャバ時代より働きやすい感じ?」

女性「え!?なんで中洲のキャバで働いてたって知ってると??怖い!!何者?」

私「ただのストーカーやで。てかスカウトちゃうって」

女性「(笑)ほんとに?じゃあなに!?ナンパ?」

私「ちゃうよ。婚活よ。むしろ妊活よ」

女性「妊娠しないでしょ!笑」

みたいな導入部分でした。
で、途中から

女性「てか、ナンパの入りうますぎません?」

女性「なんで話しちゃったんだろう」

女性「会話上手すぎません?」

女性「懐に入るのうますぎ」

てな感じで質問攻めにされましたw

で、連絡先を交換して、翌日のラインでも「話しかけ方うますぎ(笑)」
と言われています。

 

 楽しく会話するための、たくさんの仕掛け

さてさて、上記の会話ですが、どのような感想を抱きましたか?

「さんざんもったいぶって、別に普通の会話じゃね?」

と思われたら悲しいです。

私としては、何個も意識しているポイントがあります。それこそ10個以上。

普通の男性が適当にしている声かけとは違うと思います。

気づきましたでしょうか?

例えばですね、そもそも人間は、自分と同じ属性の人にしか価値を感じません。

サラリーマンはOLと付き合いますし、ギャルはギャル男と一緒にいますし、夜職の人間は夜職の人間に惹かれます。

今回はキャバクラ嬢なので、夜職の男性っぽく振る舞う必要があります。私は20代なんですが、

20代の夜職ってどんな人なんでしょうか。

おそらく、スカウトマンですよね。もしくは、夜の街で飲み慣れているイケイケの人間。

そう振る舞う必要があるので、私はイケイケっぽい服装や持ち物を身にまといナンパしました。

カジュアルな服装の男性にキャバ嬢は魅力を感じないわけです。

もちろん、別の街や別の属性の人を狙うときは、また別の服装でナンパに出ます。そこまで徹底的にやらないといけない。

実際に女性から「スカウトですよね?」と聞かれています。想定通り認識されたわけです。

 

それでは会話にいってみましょう。

まず「お疲れ様です(会釈)」

いくつもの考えがあってこの発言をしています。

まずは、女性の気持ち。深夜の2時、キャバクラで仕事帰りという状況。

女の子はどんな心境でしょう?

何時間も飲みたくもない酒を飲まされて、つまらんおっさんの自慢話を聞いて会話を盛り上げて

気を遣いまくってくたくたになって仕事を終え、一刻も早く家に帰って寝たいと思っているでしょう。

そんな大変な状況です。

男側からしたら「かわいいから声をかけたい」と思う状況ですが、女性側からしたらとんでもない迷惑です。

それでも声をかけたいから、最大限女性の気持ちを察し、配慮するから自然と労わるセリフが出てきます。それが今回は

「お疲れ様です(会釈)」でした。

この状況で、いきなりハイテンションで声をかけたり、奇をてらった意味のわからないおもしろフレーズで声をかけたりするのは、女性の立場からすれば悪手だと気づくはずです。

しかし、単純に配慮することだけが目的ではありませんでした。

 

女の子側からして、あたかも同じ店の黒服・ボーイ・スカウトマンであり、めっちゃ自然に仕事後の挨拶をしている感じで声をかけたんですよねw

めっちゃ自然に、知り合いに「お疲れさん!」って言うような感覚ですw

なんのためか?

女の子「知り合いじゃないやんっ(笑)」という「クスッ」と笑かせて反応を取るためであり、

仮に、別の系列のスカウトマンやと思われても、同じ世界の人間だと認識されれば会釈くらいなら返してしまうんちゃうかなーと思ったからです。

そのため、反応しやすいようなセリフを第二声でも言っています。

「今からアフター?」

ってところですね。

今回はそれでも無視されました。

なので、無視していても思わず反応してしまうような質問をさらに投げかけます。

「いつもより疲れてへん?」というところですね。

「初めて出会ったねんから、いつもの様子知らんやん!」という笑いです。

表情の疲れとかを指摘されると思わず気になってしまいますよね。

皆さんも、友達に「お前いつもより顔疲れてへん?」と言われたら「え!?まじ?そんな風に見える?」と感情が動きますよね。

なんでこんなに反応を取ろうとしているのかというと、気の強い女性は、ナンパされても無視って決め込んでいるからです。

そして、人間は一度反応してしまうとその後また無視することはできにくい習性があるので、これくらい頭を使って会話を成立させようとしています。

 

「ただの紳士やで」

「ただのストーカーやで」

「婚活やで」

「妊活やで」

という切り返しは、楽しい会話の時間を提供してあげようという配慮です。

また、人間は自分のことを見抜いてくる人、見透かしてくる人間を尊敬をする傾向にあるので、

「今の店入ったばっかりやけん」という方言と、現在キャバクラで働いているという事実から、

瞬時に「九州出身で、九州のキャバで働いてもっと稼ぎたくなったから東京のキャバに移ったんや

ろな。ほな中洲のキャバで働いた過去を持つ確率が高い」と思い

「中洲のキャバ時代より働きやすいん?」

と発言しました。

案の定、「なんで知ってるん?何者?」と女の子の感情が動いています。

ここで「ただのストーカーやで」とユーモアで返すから、余裕が伝わるのです。

 

ナンパは価値の等価交換

ナンパをする多くの男性が、”価値”という概念にあまり関心がありません。

しかし、それでは美女を抱けないと私は思います。

通常、ナンパや間接ナンパというのは、男性からしたら勇気を出して頑張って声をかけた度胸ある

素晴らしい行為に思えるかもしれませんが、普通に考えて女性からすれば迷惑以外の何者でもない

です。いきなり外で知らない人に異性として見られて声をかけられるなんて不愉快ですし面倒です

もんね。まして美人やかわいい子になればなるほど、リアルの出会いも多いので、通常はナンパな

んて無視されます。

今回の背の高いツンツン系高級キャバ嬢も当然その部類ですよね。

しかし我々はなんとか仲良くなりたい。

じゃあどうするのか?

相手が喜ぶ”価値”を提供するしかないのです。

女性が喜ぶ価値とはなにか?

・めっちゃイケメン

・イケイケの服装で横に連れて歩きたい

・トークで楽しませる

・大金をつかって楽しい世界にいざなう

などなど、なんでもいいですが、大切なことは、

ただ自分がかわいいと思った人に適当に声をかけるのではなく、

相手に提供できる価値はなにか?

その価値をどう伝えればいいか?

と考えながら女性に声をかけたり、女性と接したりすることだと思います。

今回は、イケイケの服装と、おもろいトーク(楽しい時間)という価値を体現した形ですね。

 

まとめます

ナンパ・声かけにおいて重要な要素は

目の前の女の子が”価値”と感じる言動を体現しなければいけない

目の前の女の子の体と等価交換できる”価値”が自分にないと、絶対に体の関係になれない

ということです。

なぜ私が、声を掛ける属性ごとに服装も持ち物も変えて街に出るのか?

それはもちろん、女性が魅力的な男性と感じる見た目は、属性によって異なるからです。

自分が着たい服装を着る、自分がおしゃれだと思うファッションをするのじゃ通用しないのです。

また、

自分は目の前の美女の体を抱けるほどの価値をその女の子に提供できるのか?

それはどんな価値なのか?

を毎日考え、その価値を的確に一瞬で表現できるよう、見た目や振る舞いやトークを突き詰めないといけない。

もし美女にふさわしい価値を提供できないと感じる男性がいたら、絶対に今のままではセックスはできない。

テクニックを手に入れても、女の子は見破ってくる。価値の等価交換が原理原則だから。

自分に価値がないのに美女を抱きたいというのは、例えるなら

お金がないのにロレックスの時計が欲しくて時計屋に行き、「このロレックスください!でもその金額は払えません。」と言っているようなものですw

経済では価値の等価交換が原理原則なのに、ナンパになると等価交換の原則を忘れてしまう人がいる。

そして、誠実系やノリで声かけするというのは、

「このロレックスください。お金はないけど、めっちゃ欲しいという情熱はあるんです!!」

と言っているようなもので、店員からしても、つまりナンパでは美女からすれば

「え??熱意じゃなくて、それに匹敵する価値はいづこ・・・?」

となるのです。

声かけの魔法の構造とは、畢竟、『適切な価値提供の体現』なのでした。

 

今回は以上です。

「この部分がわかりません!」

「どうやって自分の価値を高めたらいいんですか?」

などなど疑問質問感想には、必ず返信しますのでお気軽にコメントorメールを頂ければと思います。

それでは!

 

 

 

 

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. Y より:

    はじめまして。広島に住むYと申します。41才です。いきなりですが、どうやって自分の価値を高めたらよいでしょうか?ご回答いただけたら嬉しいです。

    • cornpan14 より:

      Yさん

      コメントありがとうございます。

      自分が女性やったら、日々数多くオファーを受けている中、どういう男性を選ぶかな?、という視点で考えてみるといいかと思います。

      すると、
      ・女性を尊重できる
      ・女心がわかる
      ・おしゃれ
      ・マッチョ
      ・おもろい
      ・楽しい遊びをいっぱい知っている
      ・金がある

      etc・・・

      などなど無限に項目は出てくると思いますので、その中から自分が習得できそうな分野を選び、習得していき、その項目を増やして
      いく努力をすることをお勧めしております。
      私自身、できるだけ女性に提供出来る価値の数と質を増やすため努力しております。

      ご参考になれば幸いです。