2018/01/28

六本木でナンパしてクラブ嬢とセックス『相手の期待を超え続けるということ』

 

六本木のクラブ嬢との出会いとセックス

その日もコーンパンは夜中の六本木を歩いていた。

六本木交差点で、夜職帰りの、まつ毛が長く彫りの深い女性とすれ違う。

ナンパをする、しないは言うまでもない。

 

コーンパン「こんばんは。」

女性「(愛想笑い)」

コーンパン「今日はどんな1日でした?」

女性「どんなって(笑)いつも通りですよ?」

オープン。

この女性のコミュ力が高いことも相まって、自然な感じで2分ほど並行トークを。

コーンパン「てか今から帰る系ですか?」

女性「新宿で友達と飲みですよ。だからタクシー乗るよ。」

コーンパン「そうなんや!俺も新宿が家やねんけど、朝まで六本木おりたいからな〜」

女性「もう帰りなさい(笑)一緒にタクシー乗ろ?タクシー乗っていいから新宿帰ったほうがいいよ。友達が来るまで時間あると思うから新宿でならちょっとだけ飲んであげる」

 

はい、勘の良い読者さんなら気づいたかと思います。

・なんでこんなに愛想が良いのか

・なんでさっきまで他人だった、ナンパしてきたような男性をタクシーに誘うのか

もちろん私も気づきましたが、それと同時に「逆にチャンスちゃう?」とも思い、

コーンパン「ええで!一緒に新宿行くか!」

と、タクシーが新宿に着き、友達も新宿に着いたらすぐに友達のところに向かうことが決まっているのに、一緒にタクシーに乗ることに合意しました。ある未来を思い描いて。

 

車内で雑談をしながらラインを交換。

10分ほどで新宿にタクシーが到着。

タクシー運転手「お会計3200円になります」

女性「で、いくらか払ってくれるの?(笑)」

コーンパン「おー!俺が声かけたし全部払うよ」

女性「ほんとに!?全部??凄く嬉しい」

車内から降り、

女性「あ、友達もう着いちゃったみたい。ごめんね!それじゃ!」

コーンパン「おう!またな〜!(やはりそうか・・・)」

 

彼女との出会いはこんな感じでした。

翌日、仕事帰りの彼女をアポに誘い、深夜1時に合流。

 

カフェバーで合流。

雑談をしながら、いつも通り、自信があるように、偉そうに振る舞い、

適当に話しながら女の子を笑かせ楽しい時間を提供し余裕を伝える。

女性「このおもしろさと自信はいったいどこから来るの(笑)」

女性「てかモテるでしょ!?」

コーンパン「日本で一番モテへんでw」

食いつきが感じられ、次のフェーズ『深い話』

 

女性「なんでサラリーマン辞めて起業したの?」

さっきまでの適当な切り返し重視の会話からトーンを変え、

・サラリーマン時代どう考えていたのか

・なぜ起業したのか

・どんな思いで独立したのか

・今どのように仕事と向き合ってるのか

・今後どのような展望を描いているのか

をがっつり話し、

女性「さっきまでと同じ人間?(笑)二面性ありすぎでしょ!てかほんとに25歳!?」

との声を頂きさらに食いつきを上げ、そのままホテルへ…

 

ファッションでイケてる男と認識させ、おもろいトークと深い話が刺さると

本当に皆さんが信じられないくらいスムーズにグダなどなくセックスすることができます。

今回の場合で言うと、

「このおもしろさと自信は一体どこから来るの(笑)」

「モテるでしょ」

「ほんとに25歳!?」

という彼女のセリフが、戦略が刺さっている証左になります。

このように、根拠をとって次の展開に移行するのが理想のナンパです。

 

はい。

会話については省略が多かったですがw省略が多いのは、スムーズに事が進んだからであり、なぜスムーズにいくかというと、“型”がしっかりあるからです。

ポイントの解説は丁寧にいきます。

今回の一連の出来事は、ポイントが3つあったと自分では思っています。

 

定番の型をしっかり機能させる

出会い〜セックスまで、私がほとんどの女性と対峙するときに使っている型を今回も使いました。

①イケイケの服装・見た目で第一印象から「イケてる人間・男として見れる人間」と女性に思ってもらう

②おもろいトークをすることで、場を和まし、女性慣れしてると思ってもらい(モテてる男やと認識してもらい)、深い話を傾聴してもらう土壌を作り

③深い話をすることで、思考の深さ、器の大きさ、頭の良さ、ギャップを与え、人間としても男としても尊敬してもらう

という定番の型ですね。

私や恋達がず〜〜っと声を大にして叫びつづけている『王道の流れ』です。

この型で抱けない女性って、凄く限られているので(芸能やモデル。理由や対策は別の記事で述べるので割愛します)

ぜひまずこの型を習得してほしいと思います。

 

将来の利益のために、目先の損を取りに行く

今回の出来事で一番重要やったと思うポイントがこれです。

彼女と出会った日、なぜ彼女は知り合ったばかりの男性をタクシーに誘ったのでしょうか?

私に気があったわけでは断じてありません。

答えは、『タクシー代が浮くと思ったから』です。

彼女はクラブという夜の店で働いている(音楽が流れて踊る方のクラブではなく、夜のお店のクラブです)、

男慣れしまくっている女性ですから男性に対して危機管理能力もあるので過度に男性を恐れませんし、

タクシー乗車中の10分くらいなら見ず知らずの同世代の男性とならそこまでのストレスがなく一緒にいれるくらいのストレス耐性とコミュ力はあります。

それで3000円浮くなら「この男利用できるんちゃう?」と思ったわけです。

3000円丸々払ってくれなくても、半分くらい出してくれるだろうと算段がついていたわけです。

お金を払ってもらうために、あえて、“タクシー到着後の明るい未来”も示唆してきたのです。

「友達が来るまでなら新宿で語れるよ」というセリフのところですよね。

まるでキャバクラで、お金を落としてもらうために男性に気があるそぶりを見せるキャバ嬢と同じ構造ですねw

でもこんなものは都合の良い嘘です。

実際に、新宿に着いた途端、「友達が予想より早く来ちゃった」と発言し解散しています。

最初からそのつもりだったんです。

ですが、こうなることはもちろん男性側である私もタクシーに誘われたときから分かっていました。

で、私が分かっていることも彼女は分かって、いわばテストしてきたんです。

 

『あなた、器大きいの?』と。

 

多くの男性はこのケースでタクシーに乗りません。

「朝までナンパするつもりで六本木に来てるのに、いきなりタクシーで新宿に帰らされてお金だけ払わされたら最悪やん。ほなこの子に固執してタクシー乗ってしまうのは無駄やな。損やな。タクシーに乗らずに、連絡先だけ聞いて別の女の子に声かけにいこ。」

と思うのです。しかし、その魂胆はこの女性はわかっているので、仮にその戦法で連絡先を聞いても返信は来ないでしょう。

「タクシー代払うことから逃げて、連絡先だけ聞いて別の女ナンパしにいきよったわこの男。小さっ」と思われるのではないでしょうか。

だから私は逆を行くためにタクシーに乗り、そして全額払いました。

案の定、ほんの少しこの女性の感情が動いたんです。

たった1つのセリフから、女性の真の目的は何で、多くの男性はどう行動し、自分はどう行動するべきか、それを的確に認識し、瞬時に言動で体現する。

恋達が提唱している『認識体現力』は、ストリートナンパの現場で高度に求められる能力なのです。

 

魅力的な女性を抱くためには、女性の期待を超え続けなければならない

結局のところ、魅力的な女性を抱くためには、良い意味で期待を裏切らないといけない、期待を超えていかなければならない、と思います。予定調和では抱けないのです。

今回も、まず最初で多くの男性が目先の損を嫌ってタクシーに乗らなかったり、乗っても一部しかお金を払わないところで、私はタクシーに乗り、スムーズに全額払ったから次の日のアポにつながったのです。

普通は、六本木の上位層の夜職の人たちはナンパで10分くらい話しただけの人と後日会ったりしてくれないですからね。

「ちょっと他の男より器大きいかも…?」

と期待を超えたからアポにつながったのです。

アポでも、無難に会話するだけならただの若者にしかみなされず、経営者や芸能関係者から口説かれまくっている女性の心を動かせません。

だからユーモアやおもろいトークを使い、「普通の男性じゃない!会話が珍しく楽しい!」と期待を超える。

そしてそのままでもこれはこれで薄っぺらいですから、深い話をしてもう一段階期待を超えていく。

だから抱ける、という構造なのでした。

 

 

どれだけ損を取れるかで、男の器は決まる

 

今回は以上です。

「損して得取るのむずいです」

「認識体現力ってなんやねん」

「おもろいトークと深い話について教えてほしい」

などなど、ご質問やご感想には必ず丁寧に回答致しますので、お気軽にコメントor問い合わせを

お願いします。

それでは今日も1日、対峙する女性の期待を超えていきましょうw

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -